さくら子ども館でボランティア・コンサート

 

さくら子ども館の館長さんから嬉しいお手紙をいただきました。

6年生の諏訪君と5年生の大野君がさくら子ども館で小さい子たちのためにボランティアでコンサートを開いてくれたとのことでした。

日頃から二人は家の近くのさくら子ども館へ行き、小さい子たちと遊んでくれていたそうです。

諏訪君はピアノが上手で、大野君はドラムが得意です。二人は子ども館でも時々演奏しているようで、小さい子たちが二人を見て、すごくあこがれていたようです。

そんな様子を見て、小さい子の親さんや所員の方たちが話題にしていたそうです。

そして、そんな二人に館長さんがコンサートを開いてくれないかと依頼をされたそうです。

二人は快く引き受けて、”かえるとはるさめ”というバンド名でコンサートを開いたそうです。

小さい子たちも大喜びだったそうです。

日頃から、地域ボランティアを推奨していますので、早速、校長室に二人を読んで館長さんの感謝の気持ちを伝えました。

そして、全校の子たちにも紹介しました。

小さい子が喜んでくれるように日頃から優しく接してくれている二人の心に大変感心しました。