4年生宿泊研修に行ってきました

 

11月17日、18日と4年生が、各務原市少年自然の家で、宿泊研修を行いました。
初めての泊を伴う研修でしたが、子供達は大変元気で、生き生きとしていました。
この日を迎える前に、学校では時間行動を意識し、全員で取り組みを行いました。
時計係の児童が腕時計を持参し、常に時刻を意識しながら呼びかけをしたり、仲間もそれに応えたり。全員で意識を高めてのぞみました。

このように出迎えていただきました。
種のクラフトでは、カボチャ、大豆、ひまわりの種等など、様々な種の色や大きさ、形を生かしながら作りました。

  
午後からは、外でスコアオリエンテーリング。
沢山の自然の中で、いっぱい体を動かしました。

2日間、自分の力で、仲間と力を合わせながらやりきりました。
失敗もありましたが、何度も挑戦することも覚えました。
これからの学校生活に、家庭での生活に、大いに生かしたくましい4年生として成長してほしいものです。

 

2年生 遠足に行ってきました

 

14日(月)2年生は、市民公園に遠足に行きました。
場所は学校から近いのですが、市民公園での活動は2年生の学習を生かした内容となるよう、先生達が考え「クイズラリー」を行いました。「班で重いどんぐりを5つ集めましょう」という問いに対して、「どっちのどんぐりが重いと思う?」と皆でどんぐりを握りながら比べたり「どんぐりってどこに行ったらあるの?」「どんぐりの木ってどれ?」と班で相談し合ったり、皆と知恵を出し合い、協力し合いクイズをクリアしていきました。

見つけてきたどんぐりを山根先生に提出し、重さをはかります。さあ、何グラムあるかな?


全てのクイズをやり終えて、加藤先生に報告。

 

 

 

 

 

お昼は、コロナ対策をしながらみんなで大きな輪になって、おいしくお弁当をいただきました。

  

 

運動委員会主催 フラフープ大会を行いました

 

各委員会が常時活動に加え、全校の皆のために、様々な活動を考えています。

今回は運動委員会が、少しでも運動に親しんでもらおう、天気のよい日に外で元気に遊んでもらおうと、フラフープ大会を企画しました。制限時間内に、誰がどれだけ回せるか、事前の練習期間を経て行ったため、大変沢山の児童が参加しました。

 

 

 

 

練習の成果を発揮しようと頑張りました。

 

 

森田先生も頑張って挑戦しました!

 

全校朝会 「iPadの使い方についてもう一度考えてみましょう」

 

11月2日 全校朝会にて、子供達が学習に使っているタブレットの使い方について、今一度振り返る時間を設けました。
授業や学習において、一人一人の学びを深めたり、自分の考えていることを表現したりするために、タブレットを有効に活用している子供達を多く見かけます。
反面、自身の興味関心のために使っているという実態もあります。

今一度、子供達一人一人が自分のタブレットの使い方を見直し、正しく、そして効果的に活用してほしいと願い、学級でも使い方について改めて話し合いました。

3年生 にんじん農家の林さんから学ぶ

 

11月8日 3年生ではにんじん農家の林亮輔さんをお招きし、にんじん作りへの思いや、実際にどのようににんじんを作っているのか、農家の方の仕事のぶりなどお話や映像を見せていただき、2時間学習をしました。

林さんが一番力を注ぐのは、土作り。「土の中にいい菌やいい虫をいっぱい入れることで、おいしいにんじんができる。だから土作りには命をかけている」と力強いお話をしてくださいました。

また、規格外のにんじんをほかってしまうのではなく、「ホカルノ」といったブランドを立ち上げ、ほかってしまうものをジュースにしたり、お菓子にしたり、有効に活用して販売をしたり、コーヒーショップを開いてそこで販売したり。SDGsの視点で農業に取り組んで見えました。

林さんのお話を伺い、子供達なりに沢山のことを感じた2時間でした。

1 2 3 4 5 18