夏休みのiPad活用①「電子書籍 スクール eライブラリ」

 

今年の夏休みは、学校で使っているiPadを持ち帰っています。

宿題もでていますが、それ以外にもぜひ使ってみましょう。

例えば、

・夏休みの宝物づくりの調べ学習

・宿題以外にも、ドリルソフトに取り組む

・星座盤を使って、星空の観察をする

・地図パズルで、地名名人になる・・・

他にもいろいろな使い方がありそうです。

 

学習のためのiPadですので、いくつか制限があります。

・使用できるのは、朝6時から夜9時まで

・SNSやYouTubeは、利用できない

・AirDropは、利用できない

また、ずっと使っていては、目を悪くします。

一回の使用時間は、30分程度にしましょう。

 

初めての長期休業中のiPad持ち帰りとなります。

そこで、稲羽西小学校ホームページでも、何回かに分けて、iPad活用について紹介します。

 

今回は、iPadで読書ができる「電子書籍 スクール eライブラリ」です。

スクール eライブラリのカードを持っている人が、タブレットや家のパソコンで電子書籍を読むことができます。

使用方法

・学校で配ったQRコードとID・パウワードが書かれたカードを準備する。

・カメラでQRコードを読み取る。

・画面に表示される通知をタップする。

・ログインIDとパスワードを入力する。

大文字にするには、左下の↑をタップする。

数字にするには左下の.123をタップする。

・本を選んで、タップする。

えほん、読み物などのジャンルや、検索して本を探すことができます。

 

利用ルール
1:保護者の方と相談してルールを決めて使ってください。
2:このカードのID/パスワードは同時に一人しか使えません。
3:利用できる時間は朝の6時から夜の9時までです。
4:長い時間使うと目が疲れます。休憩をとって本を読んでください。

ぜひ、たくさんの本を読んでみてください。

1 2 3 4 5 95