名文視写(桜中日本語強化プロジェクト)

 

 

今年度、校長先生の生徒の日本語力を高めたいという願いから、名文視写を行うことになりました。

名文視写とは、日本語の有名な文章(百人一首や小説など)を手本にならって書き写しながら、暗唱にも挑戦する活動です。「読み解く力」「言葉の力」「書き表す力」を伸ばすことを目的に行います。

本日、第1回の視写を1年生で実施しました。シーンと静まり返った中、どの生徒も真剣に取り組んでいました。ちなみに今回は夏目漱石の「吾輩は猫である」の冒頭部分を視写しました。

     

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
頂いたコメントは内容の確認後、公開されます。