地域の方に届けた歌声 ~6年生北町6・7丁目自治会との交流~

 

尾崎北町6・7丁目の自治会、福祉委員の方から声をかけていただき、6年生が歌声を披露するなど地域の方との交流を行いました。尾崎保育所の年長「らいおん組」のみなさんも一緒に参加しました。

まずは、尾崎保育所のらいおん組のみなさんの発表です。「幸せなら手をたたこう」と英語の先生に教えてもらった「Head, shoulders, knees and toes」を歌いました。6人で、元気いっぱい歌いました。

次は、尾崎小の6年生の発表です。歌声集会で披露した「この星に生まれて」「ふるさと」を歌いました。

さらに、地域の方とも一緒に、もう一度「ふるさと」を歌いました。歌詞を見ながら地域の方も声を合わせて歌ってくださいました。

地域の方からは、「本当にハーモニーがきれいで、とても感激しました。」「とても素敵な歌声を聞けて、クリスマスプレゼントをもらった気分です。」などのお言葉をいただきました。保育所の子からも、「お兄さん、お姉さんの素敵な歌を聞けてよかったです。小学校が楽しみです。」と感想を言ってもらいました。

尾崎小の児童からも、尾崎保育所の子たちに「元気な歌声で、パワーをもらいました。」「英語だけでなくウルドゥー語でも歌えていてすごいと思いました。」と感想を伝えました。

さらに、地域の池田さんがマジックショーを見せていただきました。ロープやカードなどを使ったマジックに、ビックリです。

短い時間でしたが、尾崎保育所のみなさん、地域のみなさんと素敵な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
頂いたコメントは内容の確認後、公開されます。