全校集会で震災ボランティアの報告を聞きました

 

DSCN4829本日から前期の後半が始まりました。全校集会では、東日本大震災にかかわり、学校の代表として宮城県へボランティアとして参加(各務原市医師会・愛のともしび事業)した2名の生徒の報告も聞きました。「・・一日一日の今の時間を当たり前と思わずに行動したい・・」「避難生活の大変さを聞いて、普通の生活を感謝していきたい・・・」と語りました。

1 2 3 4