校長挨拶

新たな時代の幕開けにあたって

 

今年度は105名の新入生を迎え、全校生徒321名で新しい1年をスタートしました。今年は、5月に元号も改まり、新たな時代の幕開けの年です。生徒たちには、その新しい時代の中でよりよく生きていける力を身に付けてほしいと願っています。

 

 また、緑陽中学校の教育目標は『磨き合う緑陽』~「もっとよい自分」づくりを基盤として~ です。その自分づくりに対して、今年度「活力ある学校づくり」「将来への希望づくり」「家庭・地域との絆づくり」の3つを学校経営の重点として取り組みます。その中で「自分で考える」「他の人と対話する」「あきらめずに続ける」ことができる生徒を育てていけるよう、丁寧な指導を進めていきます。

 

 私たち職員一同は、「常に子どもを大切にする視点から発想する」「組織として動く」ことを心がけ、大切な生徒が新元号「令和」に込められた願い「一人一人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かすことができる」となるような指導に努めていきます。保護者の皆様、地域の皆様、今年度もご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

                        各務原市立緑陽中学校長