アナウンス教室

 

集会活動やお昼の放送で話す機会の多い,企画委員会と放送委員会の児童を対象に,委員会の時間を使って「アナウンス教室」を実施しました。講師の先生からは,「聞いている方がいるという意識を持つことが大切」で,そのためには,①ゆっくり話す ②はっきり話す ③強弱をつけて話す ④気持ちを込めて話す とよいと,アドバイスを受けました。その後,実際に原稿を読んで,先生からアドバイスをもらいました。最後は,各委員長からお礼の言葉と,環境委員会とボランティアで植え替えた鉢花をプレゼントして,感謝の気持ちを伝えました。