ボランティアって何? 5年生福祉講座

 

「ボランティア」という言葉はよく耳にしますし、実際に多くの子ども達が取り組んでいます。でも、「ボランティア」って何?と聞かれても、なかなか正しく答えられません。5年生の福祉学習の一環として、各務原市社会福祉協議会から講師をお招きし、ボランティアとはどういうことなのか、自分にできることにはどんなことがあるのか、についてお話しいただきました。

ボランティアに取り組める子どもたちになってくれることを願い、那加第三小学校でもボランティア手帳の活用を推奨しています。低学年のうちは、家庭でのお手伝いからスタートすればよいのですが、高学年になってもなかなかボランティアの内容が高まっていかないという実態があります。今日のお話の中で、ボランティアのキーワードは「社会(人)の役に立つこと」と「自主的に取り組むこと」であると教えていただきました。

5年生の子ども達のボランティアの内容が、これからどう高まっていくか楽しみです。

今まで知らなかったボランティアがたくさんありました。

自分の得意なこと、好きなことを生かして取り組めるボランティアには何があるかな。適正チェックをしてみました。