命を守る訓練 自分で命を守る

「自分の命は自分で守ることができる子を育てる」。

稲羽東小学校では、年間を通してさまざまな「命を守る訓練」を実施しています。1月15日(水)に行ったのは、「煙体験」。火災を想定し、煙が充満した施設の中をできるだけ煙を吸わないように、すばやく避難する訓練をしました。

消防署の方のお話から、煙を吸うことが命の危険につながることも学びました。

いつ、どんな災害に遭うかわからない今を子どもたちは生きています。今後30年以内に大地震が高い確率で起こるとも言われています。近くに大人がいない、そんな時に地震や火災が起きたらどうすればよいのか、具体的な場や時を想定して、家庭でも話をする時間をもっていただくとよいと思います。