大縄大会で得たもの

12月19日に行われた児童会イベント「大縄大会」。運動委員会主催のこのイベントは、子どもたちにとって大切な行事です。なぜなら、練習は春から始まっています。学年によっては、大きな行事の取組と関連させて、練習を繰り返してきました。練習への取組の仕方で、学級のまとまり、集団としての高まりを感じたり確かめたりすることができます。記録が伸びないときは、なぜなのかをみんなで考えました。大縄跳びが苦手な仲間の立場になって考えることもありました。縄を回す仲間の思いを考えることもありました。どんな声かけをするのか、学級の一員として自分はどんな態度で臨むのか、それぞれが考える場ももちました。

大縄大会当日は、会場の体育館が熱気に包まれました。

 

一生懸命跳ぶ子、縄を回す子、数を数える子、声をかける子、声援を送る子、会の運営を支える子・・・素敵な子どもたちの姿がたくさん見られました。

当日の記録は次のようになりました。

大会の後、大縄大会で得たものを学級ごとに振り返りました。どんな振り返りができたのでしょうか。

「進んで 力いっぱい やりぬく」稲羽東小学校の子どもたちに、もう一度「よくがんばったね。」と拍手をおくります。保護者の皆様も、これまであたたかい声援をおくってくださいまして、どうもありがとうございました。

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
頂いたコメントは内容の確認後、公開されます。