つくり出す楽しさ 

2年生の子どもたちが図画工作「だんだん ダンボール」の学習をしました。お家の人にご協力いただいて、たくさん集めたダンボール。それを自由に組み合わせたり加工したりして、仲間と一緒に「つくりたいもの」を制作しました。

子どもたちは夢中になって制作しました。ロボット、船、家、基地、いす・・・すてきな作品ができました。つくり出す喜びを感じ、満足感・充実感いっぱいの子どもたちの「えがお」もとてもすてきでした。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
頂いたコメントは内容の確認後、公開されます。