追究する喜びを

5年生の理科「物のとけ方」の授業では、子どもたちが実験に意欲的に取り組む姿が見られます。食塩が水にとける様子を調べる授業では、はじめに虫めがねで食塩の粒を観察したあと、少量の食塩を水の中に入れて、食塩の粒が水の中で落ちながら溶けていく様子を観察しました。

食塩の粒が次第に小さくなり、溶けて見えなくなる様子を観察する子どもたちは、「おもしろい」「もっとやってみたい」「溶けた食塩はどうなったの?」と追究意欲を高めていきました。追究する喜びを感じる授業をこれからも工夫したいと思います。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
頂いたコメントは内容の確認後、公開されます。