いなひ ららら学習室「ホップ」

前年度まで、「いなひ寺子屋」という名称で開設していた放課後学習室が、今年度は『いなひ ららら学習室「ホップ」』と改称し、水曜日の6時間目に開設されています。これは、各務原市寺子屋事業の一環として行われている取組で、稲羽東小学校では、算数の基礎的・基本的な内容の定着を図るという目的で、3・4年生の希望者を対象として実施しています。

7月17日(水)は、4回目の開設日になりました。この日は、4年生はクラブ活動に参加のため、3年生の希望者のみの参加です。指導にあたるのは、5名の地域講師の先生方。「かかみがはら基礎問題集」を使った学習に取り組みました。

集中して学ぶ45分間はあっという間に過ぎました。これからも、子どもたちが「わかった」「できた」という喜びを感じて学び続けていけるようにと願います。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
頂いたコメントは内容の確認後、公開されます。