あおばの朝市

7月9日(火)12日(金)16日(火)に、あおば学級の子どもたちが、「あおばの朝市」を開店しました。生活単元の時間を使って育て、収穫した、じゃがいも、ピーマン、キュウリなどの野菜を学校の職員に販売しました。手作りのチラシも素敵で、あおば学級の子どもたちのあたたかさが伝わるものになりました。

もちろん、お店での対応もすばらしいものでした。お客さんへのあいさつややりとりの仕方、お金の計算やおつりや商品の渡し方など、授業で学習したことを生かして、仲間といっしょに「あおばの朝市」を運営しました。

よくできた野菜とあたたかい接客態度に、お客さんも笑顔。あおばの子どもたちも笑顔。

「あおばの朝市」の体験が、真に子どもたちの自立学習、キャリア教育となるように、学習を点で終わらせるのではなく、線でつないでいこうと思います。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。
頂いたコメントは内容の確認後、公開されます。